助産師の業務

サイトマップ

助産師の業務

助産師は助産院を単独で開院して正常分娩の介助を行うことが可能で、独立して働いている助産師も数多くいます。もちろん、産科に勤務している助産師もいます。中には地方自治体に勤務している助産師もいます。このような助産師の業務というのはどのようなものになるのでしょうか。

助産師は昔は産婆さんと呼ばれていました。出産の時に赤ちゃんを取り上げることというのがその主な仕事でした。

現在の助産師というのはもちろんこの出産の時に赤ちゃんを取り上げることだけではなくなってきています。

助産師の業務を端的に表すと、「妊婦、じょく婦(出産を終えたばかりの女性のこと)、新生児の保健指導を行う事」「産前教育を行い親になるという事、妊娠・出産するという事についての知識を普及する事」「家族計画指導を行う事」など社会的に大きな役割を担っているのが助産師の業務になってきています。

助産師は人の誕生のすべてに係ることを業務としています。子どものころに命の話などを聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

どのようにして命は誕生し、人が生きてきているのかといった話を子どもたちに聞かせ教育をするというのも実は助産師の重要な業務の一つになっているのです。