助産師に必要な資格

サイトマップ

助産師に必要な資格

助産師に必要な資格と言えば、看護師の資格です。助産師は、看護師の資格を所持していなければなることはできません。助産師になりたいと思っている人は多いでしょうが、助産師になるには看護師の資格を取得しなければなりません。助産師にとって必要な資格はまず看護師の資格で、これが基礎になります。

助産師を目指すのなら、必ず、看護師の資格を取っておかなくてはなりません!

看護師の資格を取り、その後、助産師の養成学校を卒業することで初めて助産師の資格を取ることができるのです。助産師の資格は、看護師の資格を持っていれば誰でも受けることができるのですが、看護師の資格は難関なので、そう言う意味では、助産師の資格はかなりハードルが高いと言えるでしょう。

助産師の国家試験の受験資格を得るためのルートは色々あります。ひとつは、3年制の看護専門学校か短大の看護学科などを卒業することです。それで看護師の資格を取得した後、助産師養成所に1年間通って卒業して助産師国家試験の受験資格を得る方法です。助産師養成課程がある大学の看護学科に進むルートもあり、この場合、看護師と助産師の受験資格を両方得ることができます。