看護師の年収は1000万円行くって本当ですか?

サイトマップ

看護師の年収は1000万円行くって本当ですか?

看護師の年収は1000万行く人もいると聞きますが、本当なのでしょうか?いろいろ調べてみると、平均では看護師の年収は471万円で年齢は34.6歳というデータがありました。女性の平均年収は200万円台後半というデータからすれば、看護師の給料はかなりいいほうです。

月収だと総看護師長・看護部長52.4万、看護師長42.4万円、看護師34.6万円、これにボーナスが加わるので、総看護師長や看護部長で700万円くらいが平均となるでしょう。しかし、看護師でも年収1000万円というケースも存在します。例えば県立病院や大学病院の看護師長、都市部の大きな私立病院で諸手当が多いところ、アメリカで働く場合、などは年収1000万円もあり得ます。

アメリカはそもそも初任給が日本の倍だそうです。このように、病院の規模や場所、働く環境やキャリアによって年収は大きく差が出ます。年収が高額ということは。それだけ責任が大きいということでもあります。大きな責任を背負える自負があったり、夢があるなら、年収もそれに相当する額をもらいたいものですよね。

年収をもっとアップさせたいなら職場選びはとても重要になります!

キャリアを積んで、それにみあった年収をもらえる病院で働きましょう。